青空が落ちてくる。

do you think? われらはシンクタンク『世界征服倶楽部』

羽根付き一口餃子



カキフライ、

牡蠣鍋、

もつ鍋、



棒らーめんで〆。


考えました。そして、考え続けることにしました。
井上ひさしと考える日本の農業』を読む。いろいろな雑誌に掲載されたエッセイ、講演、対談を集めたもののようで、それぞれで結構内容がかぶっていて、読んでいると、あ、また同じ話と思うことたびたびで、本の完成度という観点から見れば、いま一つの感が否めないけれど、逆にそれ故に、コメに対する思い、吉里吉里国独立は、物語の世界だけれど、本気だったんだと思わずにはいられない。