青空が落ちてくる。

われらはシンクタンク『世界征服倶楽部』、いつも考えている。

chinese cabbage, meat dumpling pot

かつて、大島弓子綿の国星』はセットで購入、でも読み切れなかった。うちのどこかにあると思うので、見つかったら、もう一度開いてみよう。『花咲く乙女たちのキンピラゴボウ』は、新書のようなもので、原作を知らなくても読めます。思想とは、哲学とは、自分で考えるということを教えてくれる。考えている自分に気づかせてくれる。あなたは間違っていないと言ってくれる、そんな本です。